ケダモノのいいなりの第5話 ビチ子専用ディルドーでお仕置き…

第5話 ビチ子専用ディルドーでお仕置き…

ケダモノのいいなり失われた放課後

 

ビチ子の妊娠がわかった今でさえ尚楽しそうに笑う男子たち。
その様式に腹がのぼり、つい平手打ちをしてしまった。

 

欠損ダディ「いって…ビチ子てめーやっちまったな」

 

ビチ子「あ…!!」

 

欠如男子「あーあこういう画像バラまくか」

 

そう言って目の前に出して来たのは年間前に初めて輪姦されたときのフィルム…。
こんなのバラまかれたら人生終わりです。

 

ビチ子「ご…ごめんなさい…」

 

不良父親「土下座は?」

 

ビチ子は何も悪いことをしていない。
それでも、悔しくて歯を食いしばりながら土下座をした。

 

ビチ子「ゆ…許してく…下さい…」

 

不備ダディー「すぐ土下座しなかったもんなー」

 

不良男子2「ナメられてるっぽくね?」

 

土下座を講じるビチ子はインナーを履いておらず日焼けしたおけつが丸裸です。
上履きのとおりおけつを踏みつけられ「これは懲戒でしょ」と、面白そうに仰る。
「ビチ子対象ディルド」と、取り出したのは実際にビチ子が音響の講座で使っているリコーダー。
それを階の上に立ておまんこに挿入しながらスクワットを始めるいうものだった。
もちろん今もフォトに撮られて要る。
もう逃げられない。

 

不足パパ「おーし反省文言いながらまんこスクワット100回」

 

欠損ダディーたちは途中で断ち切る主旨なんてとめる。
絶対に最後までやりとげないといけないのだ。
それを重々理解しているビチ子は何の尻込みも無くスクワットを始めた。

 

ビチ子「あたいは…さ、ザーメン便器のくせに…うッ」

 

欠落男子「オラッ音小せーぞ」

 

一気におまんこういう奥までリコーダーを差し込み音色を立てながら酷く引き出し講じる。

 

ビチ子「なるほどああッ!!に…人材さまに…異議…ヒッ、して…してしまいました」

 

不十分男の子「撮った映画あとでビチ子にも送っとくからそれ見て悔悛しとけ」

 

ズポズポとおまんこを出入り講じるうちに愛情液が溢れ会話も大きくなって行く。

 

片手落ち旦那「ギャハハ!ビチ子?100回と同時に潮吹いてイケよ」

 

不足ダディー2「できなかったら100回献上な(笑)」

 

ビチ子「も…申し訳…ひゃッ、あッ?」

 

100とカウントされると同時に潮を吹き、クライマックスをむかえる。
スクワットをやる足が震え、正面がチカチカ始める。

 

片手落ち男子「ギャハハ本当にイキやがったぞこれ」

 

片手落ち男2「さすがザーメン便器!一発で成功しやがった」

 

こうした状態でも心地よく患うビチ子の見解は、もう麻痺しているのだ。

 

不十分男子「そういやこれ孕んだってことは中出しし放題じゃん」

 

男子たちにとって今まで我慢していた時取り出しを遠慮なく望める妊娠はナイスだった。
ビチ子の体のことなど知ったここゃない。
抵抗するビチ子のおまんこに挿入し、まん中取り出しを増やす。
すっごく子宮を突かれ、何ごと中出しされても終わらなかった。
ビチ子の最後はいつまで貫くのだろうか?

 

ケダモノのいいなり失われた放課後