ケダモノのいいなりの第6話 オヤジの相手と中出し輪姦の日々を繰り返して…

第6話 オヤジの相手と中出し輪姦の日々を繰り返して…

ケダモノのいいなり失われた放課後

 

普段は2周もすれば仕上がる輪姦もこの日は4ウィークまぶた、5周まぶたまで繰り返された。

 

不足父親「じゃーなザーメンタンク」

 

ようやく満足した男たちが去り際にビチ子をケツを踏むと、おまんこから精液がドプドプと溢れ出した。
こうして援交オッサン仲間の売春と時取り出し輪姦の日々は夏休みが締めくくるまで一年中繰り返された。
夏休みが終わるとビチ子の売春メニューにナマはめとセンター取り出しが加わった。
ケツには「ゴムyes 5000円」「ライフ +2000円」「内取り出し +3000円」と書かれ、それに応じてダディは金額を払っている。

 

ダディー「ナマ間差し出し1万円ねー」

 

ビチ子「うう…」

 

ダディー2「くっそ1万たけーよ」

 

ダディー3「ゴム有り2回もらえるじゃん」

 

男児4「うわッでも中出しやってみてー」

 

勘定に躊躇するが、ビチ子がおまんこからザーメンを垂れ流す気配に興奮した旦那たちはその後すべてナマセンターだしに変更した。

 

おなかが大きくなるにつれビチ子の処遇はさらにひどくなって出向く。
家畜用の鎖を擦り込みられブタ女性と呼ばれ、胎児の練習で大きくなったお腹はザーメンタンクみたいだと笑われた。
ただ、父親たちの淫欲を処理するために生かされている家畜のように…。

 

男子「今日もみんなのキンタマ、カラにするまで帰れねーからな」

 

ダディ2「チッまだ乳房出ねーのかよ、さっさと産めよ」

 

男の子3「まぁガキ産んでもまた孕ませるけどな」

 

ビチ子「うう…ご…ごめん」

 

ビチ子の泣き声など誰の耳にも入らない。

 

男性「あークッソじゃめーんだよこういうハラさっさとガキ産めよビチ子」

 

ダディー2「つーかこういうガキの父親どなたなんだよ(笑)」

 

パパ3「知らねーよおまえじゃねーの?」

 

ダディー2「ゲー己やだよあんなブタ孕ませたとか暮らしの汚点ですわ(笑)」

 

たくさんのちんぽをくわえ込み必死に奉仕する。
パパ生徒がどんな酷いことを言ってもビチ子は投げ出すことができない。
夫塾生同然ビチ子も麻痺してしまって要る。

 

男性「おーしじゃあ半休憩したら2ウィーク眼な」

 

ただただ出口の見えない最後に喘ぐのだった。

 

ケダモノのいいなり失われた放課後